エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2004/07/02(Fri)  母の寄り道
寄り道なんて言い方をしたらいけないのかもしれない。
かもしれない、ではなく、絶対に他の言葉に置き換えるべきだ
と、自分でも思うのだが亡くなった母を偲ぶ、ちいさなリーフレットに

『母は天国への旅に出ました。
その旅の途中 献体という医学の後進を育てるための寄り道
この夏 2004/8/9に
その任務を終えて、わたし達の許に帰ってきます』と、書いた。

子どもの時の、道草の思い出にも繋がるからか
寄り道
という言葉の持つ意味の中には、どこか楽しげな感じもする。

わたしの知人は『献体が、自分に出来る唯一つの社会貢献なので』
と語られ、実際に献体なされた方もおいでになるので
そういった尊い気持ちで献体を為さっておられる人々を
貶める事になるような言葉使いは避けたいとも思っているのに
他に言い換える言葉が探せない。

母の死から2年半、ようやくその死を語れるようになった。
だからといって常時、平気で語れるという訳ではモチロンない。

買物中のスーパーで母に良く似た体型の人を見かけただけでも
ウルウルしてしまう人間なので
充分に用心をしていないと、とんでもない事になる。

ケラケラ笑って話をしていたのに突然ポロポロッな〜んて
相手を驚かせてしまうのです。
そんなわたしが泣かずに母の死を語ると
つい、言い回しがこんなふうになってしまう。

幾つに成っても子は、母親に甘える気持ちを忘れられないのかなぁ。
母は 2001/10/8 に亡くなったのに、その後もずっと
「アッチの方角にいる」と献体先の、東海大学があると思われる
富士山の方角を、事ある毎に眺めていた。

母の天国への旅を『悲しい』のひと言だけで括らずに済んだのは
献体のお陰なのです。

   それでも今日も、あっちの方を見てもの思う LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.