エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2004/07/04(Sun)  休日、と言える幸せ
ダンスの専門誌「ダンスビュウ」誌にエッセイという名の
綴り方の連載を担当させてもらっているが
「休日の運動はダンス」「休日に生演奏の音楽にのって・・」
などと最近の会話の中で
特にダンスがらみの話の中で『休日』と云う言葉をよく使っている。

同級生達の殆どは、メデタク定年を迎え悠々自適、その暮らしを愉しんでいる。
わたしも年齢的にはそうなっているのだが
誰かに言われたように「遅咲きの役者」なので、『人生これからだ!』って
気持ちで居る。
これから働かなくっちゃ!と思っている。

精一杯、仕事をしたい。
アクセク働きたいというのではモチロンない。
人に喜んでもらえる、ひとに感動してもらえる仕事に係わっている事を
ありがたく思い、これからも健康で、精一杯仕事を続けたいと思う。

わたしは「Shall we ダンス?」でたま子先生を演じて
幾つもの助演女優賞を頂いてから
やっと、仕事のない日を休日思えるようになった。

それまでの日々は、仕事がない日は『仕事が無い=無職=俳優でもナイ』
って感じで生きて来た。
一人芝居とか、ほかの俳優さんから羨ましいと言われる仕事もしていたが
仕事がない日を『休日』と思えなかった。

この6月、予定に入っていた仕事のひとつがなくなってしまった。
少し前までのわたしは、こんな時
自分でもビックリするぐらい、オタオタした。
このままず〜っと仕事が無く、自然消滅してしまうのかと
いつも怯えて生きていたのだと思う。

それで今(この先も絶対に仕事がある!という保証はないのですが)
仕事のない日を「休日だ」と考えられるのが
とてつもなく、うれしい事なのです。

『この作品を草村礼子さんの代表作にして下さい』と
たま子先生を配役してくださった
周防正行監督から、仕事のない日が単なる休み=空きではなく
ホントの意味の『休日』に、して戴きました。

  休日に、周防正行監督の長い『休日』を考えている LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.