エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2004/09/21(Tue)  素敵な散歩みちのある場所
忙中閑ありと云う言葉は“イマ、コノ時を指すのね!”
そんな思いで、富山県高岡市で高岡城跡の古城公園を散歩した。

住めば都と言うように、これまでは地元の“井の頭公園”を何処に行っても自慢していたわたしだが
“古城公園”にはマイッタ!

旅先の感傷を差し引いたとしても、200%素晴らしい公園なの。
皆さんゼヒ一度お出かけ下さいと、声を大にして言いたい程に堪能して来ました。

来年秋に公開予定の映画、長崎俊一監督の『8月のクリスマス』に参加するために行った高岡。
高岡と言えば伝統工芸の町、と云うぐらいの認識しかなかった。

また、その前後の仕事のスケジュールも立て込んでいたために
“その朝東京から富山に飛び、着いたらスグに仕度をして、撮影”という流れに
乗り遅れないように、とそれだけを心掛けて旅に出た。

出番もそう多くはないのだが、喜寿のお祝いの記念写真を撮るという設定。
美しい和服をキチンと着るべし!なのです。
仕度の場所は撮影所と異なり、条件も好くはないし・・等と心配もしていたが
高岡市の後援を得ているとかで、広々としたお寺さんの広間なので、ほっ。

その上に、もうひとつラッキーなオマケもついていたの。
丁度撮影が食事休憩に入っていたので、主演の山崎まさよしさんが
ギター片手にポロンポロン。
共演の関めぐみさんのリクエストに応えて唄って居る声をBGMにしての支度!
(羨ましいでしょ?全員が大広間に居る、ロケならではの幸運☆彡)
出だしがそんな風なので、すんなりと皆さんの輪の中に入れて
その日の仕事は無事終了。

次の日はわたしの出番はなし。
オニのようなスケジュールの中の休みは絶対に朝寝坊!
しかもこの日は雨だったので
ホテルの一室で、だれに気兼ねする事もなくひたすら眠った。

十分な睡眠で元気になると身体を動かしたくてウズウズしてくる。
雨のあがるのを待って散歩に出る。
チョット一回り、の心算で気楽に出かけたのだが、暗くなってしまったために戻る気になるまでの数時間
好ましい、昔ながらの風情のある細い坂道をやたらに歩き、お堀の中で跳ねる鯉や
何十匹もの亀が泳ぐ姿を見ながら笹の葉を揺する風の音を聞く。

自然が上手に守られている古城公園の素晴らしさに見とれた。

コンクリートで固められた“ズズ広い散歩道だらけ”になってしまった我が“井の頭公園”の哀しさを思いもした。
だがここには、我が北村西望先生が井の頭公園の中にあるアトリエで
創作なされたであろう作品が二点飾られていたコトもあって、また訪れたい“大好きな公園”となった。

    次に日も仕事の前に3時間も歩きに出掛けた LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.