エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/01/12(Wed)  若い仲間たちへの手紙・追伸
お詫びの気持ちで、オマケの文を。
昨日の根本先生の講義の要点を、お話します。

腰痛や頚椎痛に悩む人は、ぜひともお試しください。
タダシ、楽ではないと・・・。

☆首や、腰の痛みなどの原因の殆どが、食生活にある。

☆昭和30年代の和食をイメージした食生活をすれば、首や、腰の痛みを
引き起こさないだけでなく、杉花粉アレルギーなどにも罹らない。

☆先ず食を見直せ。砂糖と、甘いお菓子を控える。
(先生の言葉には『食べるな!止めなさい!』と云うニュアンスでした)

☆指圧やマッサージなど外側からの手当てに頼るのをやめる。
“食を変える事”が100倍も大切で、効果的だ。

☆うわさで、からだのために○○が良いと言われて飛びつくが
一度に良い物を良いもの沢山取り入れるのは難しい。
取り込むより、砂糖を控えるのが何十倍も役に立つし肝要です。

以上が、お話の要旨でしたが
それにしても、『予防』のために参加したのはわたしだけで、健康に大感謝☆彡

でもわたしも『腰痛などの、予備軍』であることは間違いないので
食生活の見直しは、急務であると思いました。

『料理の砂糖を極力控える。お菓子などの甘い物をひかえる。』

これが二本柱なのですが、慣れるまではかなり苦しいのは想像出来る。
出来そうでいて、特に難しいのは、香辛料も控えめにと言う料理。

『生き方をさえ替える』大変な仕事で、おお仕事ですよね。

(わたしが皆に、いつも言う『学ぶということは、それを知ったために自分の中の何かが変わるコト』を自分に突きつけるべき日が来ました)

   LEIKOさんの学び塾再生を考える  LEIKO



※根本幸夫先生は、医学博士で漢方薬と健康についての著作も沢山出しておられます。大岡山駅より5分の処にある『漢方平和堂薬局』で、相談も指圧などの治療もされているそうです。食の改善では間に合わない程に、重症の腰痛のかたはお出掛けください。電話相談はナシ。 大田区北千束1-15-18 漢方平和堂薬局

※芸団協より2/4に訂正連絡がありました。上記の住所を 北千束1-51-18 に訂正して下さい。

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.