エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/05/22(Sun)  悔やむ。

後輩の俳優・学ちゃんが死んだという。

この2ヶ月、ナニをしていたのかと悔やんでいる。
出そうと思って出しそびれていた手紙が、永遠に渡せなくなってしまった。

今年になってしきりと思い出す学ちゃんのことを
3月20日と23日に エッセイのカタチで書いていた。
コピーして封筒に詰めてもあった。


何行かのことば・添え書きをして手紙を出す心算だったが
ズルズルと暮らしているうちに、この訃報を聞く事になってしまった。
『いつか・・・』と思いながら、20年間もズルを決めていたために
癌で3年も闘病していたというのも知らずにいた。


 (「久しく逢えずにいましたが、お元気ですか。母ちゃんは元気よ。
 ずいぶんと久しぶりに、一杯飲みませんか?」の添え書きが、何故・なんで出来なかった?)


忙しいという字は、心が亡ぶと書く。

それほどに忙しかったか!


自分より若い学ちゃんの訃報に触れ、泣くことさえ出来ず
自分のズボラを、ただ、悔やむ。
自分のズボラを只ひたすら悔やんでいる。

   そして祈る。安らかに眠れ学ちゃん。
 『学はクリスチャンなのだから、即、天国ダ!』
   若き友・安らかに眠れと只祈っている。

君の死を悼み・悔やみ泣く前に、我が行いを悔やみ嘆く愚かな母ちゃん LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.