エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/12/15(Thu)  公開日記の効用
昔、BFと交換日記をやり取りしている友だちを、かなり羨ましく思い
その様子を注目し、見詰めていたことがある。
何時の日か自分にもそういう楽しい日が来たら好いなあ、とも思った。
悲しいコトには、そう云うチャンスは一度も無かった!
そんなわたしが最近、交換日記ならぬ、公開日記を書いている。
参加して、ほぼ8ヶ月になるMiXiというブログでの事。

(交換日記を交わす相手を持たなかった昔の、悔しかった日々を思い出して、腹いせのように、休まずに書こうとしているのが、我ながら可笑しい。その流れで、人様の日記を読んだり、その感想を書き送る事もあるが、一度ネットサーフィンのし過ぎで、ゲロをしてからは、体力を温存することにしている。あはは。)

かなり前に、バイクのライダーのある人に、こんな↓メッセージを書いた。
    *   *   *
40数年も昔、無免許でバイクに乗っていました。
バイクに乗りたくて、軽4輪の免許を取ったの。
免許証を貰いに行った日に見せられた 【沢山の血の出ている事故の、映像】に
ビビッて、それ以来4輪に鞍替しました。
そんな、元オテンバのわたしには『雨のツーリング』などの言葉が
懐かしく響きましたのでひとこと・・・。
『バイクの事故は怖いので、皆さんよくよく気をつけてね』
   
    
そしてこの時『後でもう一度続きを書きに行きたい』と思った。
又、昔無免許で、バイクをブイブイってのも、嘘ではないのですが
今では、何を言いたかったのか、さえも?になってしまった。
    *   *   *

だが、この公開日記のカタチは、性に合う、とでも云うのか
すこぶる気にいっている。
わたしの文章が、文語体でなくて口語体・喋り言葉だからなのか?

聞き手・相手が居てくれる、と思うだけで元気が出る。
これは長く一人芝居を続ける中で、身に付いた特性なのかしらん?
とまれ、どんなカタチにもせよ、わたしと遭遇した人に、
【何らかの形で、エールが贈りたい】と思っているのかな、と気が付いたの。

この辛く厳しい世の中で、せめてほんの一瞬でも
『お互い、元気で頑張りましょうね』と、微笑みあえたら最高だ!と思う。
そして、こんなコトを考えている大人もいるって事を、世の若者に伝えたい。
『こころを開いて、語ってみましょう』って、伝えたい。
まだ柔らかくて、傷つきやすい心と身体を抱えた若い人に、伝えたい。
『話し相手が必要な時でも、普通の時にでも、話しかけてみてよ』って。

  バイクをブイブイって時代もあった  LEIKO


<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.