エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2007/01/27(Sat)  正調・京都弁
わたしの演じる『一人芝居・じょんがら民宿こぼれ話』は、津軽言葉で語ります。
地方語の持つ力<あったかいニュアンス>に寄りかかって続けるコトが出来ました。
この作品はわたしの作・演出ではありますが、台本創りの段階から何年間かを
青森・五所川原出身の秋田貴美子さんに、同伴していただいて仕上げました。
その後も、何人かの青森出身の友人達のお世話になった。
(岡部耕大先生の、松浦弁で書き下ろされた『精霊流し』を、一人芝居として演じ始めてから、標準語には無い<地方語の持つ力の大きさ>に気がつきました。それで、ふたつ目の一人芝居創作の時に、津軽の言葉を選びました。)
稽古の度に<津軽の言葉らしい響き>とイントネーションを学ぶのですが
津軽弁は美しい反面、いまだに難しい言葉だと感じます。

押しなべて地方語・方言のマスターは、そう簡単ではない。
特に東京人のわたしは、無意識のうちに標準語を使っていたので
演劇入門当初に<訛りの矯正>の必要がなかった分、楽をしたのだが
かなり長い期間、標準語と東京弁の違いさえ考えずに俳優を続けていた。
方言を使う役が配役されると【ハンデ】を背負ったような気分でいた。
(概ねの場合は、渡された「方言テープ」を繰り返し聞き、各自で習得するのですが、方言をハンデと考えていた頃のわたしは、正確さにのみ囚われていたように思います。)

1979年1月15日・浜金谷
↑のスナップには、1979年1月15日・浜金谷とある。
題名は失念しているが、NHKのドラマのロケの折のもの。
わたしの前に居られる後ろ向きの方は、山谷初男さん。

主演は、みなみらんぼうさんで、会話は京都弁でした。
(その時のわたしは 『 苦手な地方語、しかも難しい京都弁だから、しっかりしなくちゃ!』と、音符を覚えるような感覚で、アクセントにのみ集中していたのですから、ダメで当然! 山谷さんの科白は、角館出身の山谷さんらしく<どこか、お故郷訛りも感じられる>京都弁なのですが、説得力があるのです! その山谷さんが・・・モチロン嫌味ではなく、あの人懐こい笑顔で<素直な感想として仰ったご指摘>でした。ズシ〜ンと胸に響きました。)

『 草村さんのは、正調京都弁デスよね。』
わたしの京都弁は、俳優として語るべき地方語になってなかったのね。
【俳優の使う言葉】=台詞には標準語・地方語を問わず、思いを乗せてこそ
役に立つ俳優の言葉=科白に成る、と肝に銘じるコトが出来たのです。
山谷さんのこのひと言のお陰で、わたしはこの後、地方語を好きになれました。


  得意とは言えなくても 地方語を愛する Leiko

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.