エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2004/05/15(Sat)  バネ指って知っていますか?
根気が良いのではない。
だが、今がチャンス
しかも最後のかもしれないのだから等と、自分を追い込んでこのひと月間
ケッコウ集中してパソコンに向かって
作業をした。

自分としては、それは正しく”作業”と言えるほどの事なのだが
パソコンの画面を見ながらではなく
キィを見つめてポツポツと打っては、画面を見つめて確認して次に進み
またポツポツ。
そんな情けないカタチの仕事なので、言うのは恥ずかしいのですが。

慣れた人からみたら
「あれを作業っていうの?! 俳優さんの仕事は楽そうだもんね」
なんて言われてしまうだろう事は百も承知の上で言ってます。

やはり、慣れない事は何事も大変である。
と、云うコトだったのかもしれない。

このところ調子がよく、行かずに済んでいた整形外科の先生の処に
痛い注射をして貰いに行かなければならなくなってしまった。

亡くなった母も持病として持っていたバネ指
(指を動かす腱の過労で起こるらしい=指の関節がカクカクする)なので
去年あたりから時折注射をして貰っていた。
その注射がかなり痛いのだ。

だから、かなり用心もして、注意して労わっていたのに
性格上やむをえないのかも知れないが
夢中になっていたのだ。

何としても”大作業”って感じで文を書いているので、ひとつの文が
書きあがっただけでも、つい
”デキタッ”と、力強くキィを叩いていたのでしょう。
とうとう今日は「あの、痛い注射を・・・」ってコトに。
トホホ。

それなのに、これだけは仕上げてから行こうと考えている。
ダッテ、注射をすると
何時間か指がマヒしちゃうンだも〜ん。

パソコンの先生、華ちゃんの言うように、
わたし、
ライブ活動が再開したい一心でパソコンを始めたけれど
かなり深みに入っているのかも。

    自業自得だけれど、気の毒な(?)Leiko

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.