エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2004/05/26(Wed)  <font color="#0000f0>あと一息だったのに。
字の大きさなんて変わらなくても良い。
文字に色なんか付かなくたって良い。
そうは思うのだが、悔しい。

いま、↑上に見えているタイトルは
あせってやり直しをしようとしているからで、サッキ、ちゃんと
色も付いたし、それを指定する英字も消えて出来たの。

でも、今日こその思いもあって、つい、欲張って文中にも色を着けたくなった。
それでまた
ヤットコスットコ完成していた文章が、キレイさっぱり
消えてしまった。

二度や三度ではない。同じ間違いを重ねてるのが、悔しい。
ここまでは昨日書いた文。
出掛ける時間になってしまったため、ノートを閉じる前に考えた。
(つづく)と書いてアップしたものの、いかにもカッコ悪い
ミットモ無い。

でも、もったいなくて捨てられない。
笑っちゃいますよネ。
こんな文章、私以外の誰もが「ポイッ」と捨てるだろうコトは
わたしも判っているンですけどネ。

(それを承知で読んで下さる人は、中身、内容を重視なさるのだ
色や字の大きさなどそれ程、気にはならない筈だとも思う。ごめんなさい)

それでも少しでも読みやすいものにするためには、と葛藤が続く。
(こんな時に、葛藤なんて言葉を使って良いの?の思いもあるが
辞書を引かずにサッと出てくるのが嬉しくて使いたくなるアホなのです)

きのうは半日みっしりと時間をかけて、間違いの無いようにコトを進め
絶対に、ヤッホゥ〜!と叫ぶ心算で、椅子に座った。
ナノニ、またしても失敗したのです。
悔しくって堪らない。何回も何回も、同じ間違いをしている。

このところ
毎日のように、パソコンがらみの夢を見る。
病膏肓。あはは。
(やまいこうこう、って読むノよ。パソコンはエライ!)

先生の居る時には
一人で出来たのに、ホントに一人になると出来ないのは
まだわたしに”かよわくて、可愛いトコロもあるって事”な〜んて
自分を励ましたりしながら、再挑戦を始める。

字の大きさや、色の指定に手間取っていると何を書きたくて
椅子に座ったのかが判らなくなるの。
それで、早く、マスターしたいのですが、ナカナカ。

あまり何回も失敗を繰り返しているので、
『ちゃんと、眠りなさい。寝ている間も働いてたら身体を壊しちゃうわよ。
いい加減にしなさい!』
なんて自分で自分を叱っている夢を見たりしてる。ハハハ。

いまやもうわたしは完全に・・・。

   パソコンお宅を自称する LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.