エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/04/18(Mon)  奇妙な・旅を・・・・している。
未知の世界を旅している。
今どき、インターネットを未知の世界とは言わないのかもしれないが
わたしにとってインターネットの世界は
【興味深い、かなり怖さもある底なしの沼】だ。

底なしといっても暗さは無く、明るい底なし沼なので手に負えない。
時間を忘れて夢中になってしまう。
「もう、止めよう。これで終りにしよう」と思うのに止められない。

身体が重たい。
今朝は元気に目覚めたし、ストレッチもいつもどうりにしている。
快調な朝だった。
なのにどうにも身体が重い。
4時間もパソコンに噛り付いていたためだろう。

【インターネットは、PC作業もHP開設もMiXi参加も
全てはライブ再開のため・再開を目指して始めた】

この一行を忘れ、面白くって、つい小さな文字を追い過ぎてしまう。
他の事をするべき時間まで使ってしまうのだ!

俳優の仕事的に言えば、第一目標を忘れて暴走中。
アドリブ連発で、観客に受けているような気でいるといった風。

『人生という劇』の出演者なら、舞台から落っこちている。
わ〜どうしよう。ヤダなあ、困った。わ〜どうしよう。
大事な第一目標を忘れる程に面白いので、困ってる。


朝風呂に入って桜餅をひとつ食べたら元気になった。
身体は元気になった。
でも眼はそうカンタンに回復しない。
眼を休めるために、お料理でもするかとするか・・・。

そんな気持ちで作った料理だとは【知らぬが仏】で喜んで食べてくれる
家族のために、お料理でもするかとするか・・・。
あはは。

    この場合は「いひひひ」が似合うのかと笑う  LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.