エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/08/28(Sun)  花世さんの存在
『草村さんは、ダンスと一般の人をつなぐ、ダンス大使ですね』などとの
ヨイショに乗ってその気になり、ダンスの専門誌『ダンスビュウ』に
ダンスの世界での体験(概ねは、ダンスでの失敗談)と 暮らしの中の出来事
とを織り交ぜ、エッセイとして書いてきたが、69回目となる’05年の10月号は、
ダンスのダの字もない文章「愛・地球博」になってしまった。
(自分なりには、素敵なアーチスト・音楽との出会いを書いているのだから許してね、と考えているのですが・・・? 転載させて貰いますのでご意見を聞かせて下さいネ)

 わたしは『自分は人が好きで、地球環境の事・いのちと平和のことも
考えて居て、結構真面目に人生を見詰めて生きている!』と、自信満々だった。
だが今年の夏は、人の善意の上に胡坐をかいて、我が侭な旅をしてしまった。
 行き先は牋Αγ狼綰遶瓩凌燭炭巴罎琉γ慮! 8月12日に、講演で岐阜に出かけるから
犁△蠅鉾味しい魚も食べたいなぁ瓩帆世辰討い拭
日本中の人がお盆休みの旅に出るので混雑は承知の上だが、
この前後に係わっている仕事のスケジュールの確認が出来たのは、3日前!
だが、祈りは通じ、家族の分も含めた新幹線の切符と3日間の宿の手配は出来た!
 (拝み倒される友人の方が、大迷惑デスヨね。あはは。)早朝の雨の中を足取りも軽く出発し、
山県市内の小中学校の先生方の研修会で、言葉の持つパワーの大きさをお話した。
 わたしは『言葉』は人間がお互いに解かり合って、仲良く・平和に暮らすための道具だ、と信じている。
この日も熱心にお聞きいただいたので、「オハヨウ!」とか「今日は!」等の挨拶も
生徒を大切に思う気持ちで、思いを込めて言うと爛─璽覘瓩箸靴道劼匹眞の心に届き
「ヨ〜シ、今日も頑張ろう!」と思えるし、学ぶための活力が湧きますから、生徒さんへの言葉かけを、
日々、大切にして下さるように、とお頼みした。

この後、既に何回も訪れている知多半島の先にある日間賀島の民宿狆浜荘瓩念貲顱
 (ご主人が漁師で、毎回獲れたての魚を、イヤっと言うほど食べさせてもらうの)
冬はふぐが売り・夏は、活き造りのタコや茹でたての蛸をかじりながらの一杯は最高ヨ。ふふ。
愛知在住の俳優・鈴木林蔵さん一家と一緒に堪能した。
 そして14日には愛・地球博。お目当ては林蔵さんが狄垢琉篤眇楊鬚砲覆辰謄好リーンに登場する瀬戸 愛知県館と、 マンモス。でも、自然を考えるために設営された会場は、やたらに広く、迂回道路と長蛇の列が続くので、愛知県館ひとつ見るのも大仕事でした。

途中、雨のパラつく野外コンサート広場で、韓国の人気歌手【Zeroと花世】を観賞。
これが素晴らしかったの。初めて見た『花世』さんはメッポウに、好かった!!
 ものスゴイ大きさのスクリーンに映し出される水とか波などの犲然の大きさ瓩
花世さんのやわらかな歌声とが不思議に調和して、実に心地好い時を得た。
 だけど〜、花世さんに見とれているうちにマンモスは時間切れ! 15日の再挑戦の予定も、
暑さを理由に取りやめて、昼過ぎには帰京しちゃった。アハハ。
 マンモスは見損ねたが『生き方や考え方が同じかもしれない!』と感じられる
若いアーチスト・花世の存在を知ったのは大収穫だ!(夏ノ旅ノ一席)ご容赦。

    マンモスを、直に見たかった  LEIKO
PICT1543.jpg 500×375 184K

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.