エッセイと言うか、作文と言うのか、思いついた時に。


2005/09/01(Thu)  アレって・・・。
色々な場で集合写真に同席し、写真を送っていただく機会も増えた。
最近では、ケータイでもキレイな写真が撮れる時代。
誰にでも、名カメラマンになるチャンスがある訳だが
判で押したように言うオマジナイの『はい・チーズ!』
アレって、本当に必要な言葉カナ?
アレで、仕舞っておきたい写真が撮れるのかしら?

これまでのわたしは、自分の顔が写っている写真は、殆ど仕舞ってきた。
捨てられないのです。
だが現在、狭い住まいで快適に暮らすためには!と
整理整頓・捨てる必要に迫られている。
この選択が難しい。
(写真を一枚2枚捨てるよりもっと効率のよい、財産の処理=本人はゴミとは思ってはいない=お宝の処理、もあろうかと思いながら、ためつすがめつ写真を見る。)

笑顔
☆↑の左のスナップは、'02年10月アマチュアのカメラマン・江原玲子さんが
わたしの一人芝居の観劇後に
お客さまを見送りに出た わたしを撮って下さったものです。

「焼肉のタレで有名な会社の社長夫人で、ダンスがとてもお上手な方です」と
紹介をされたが、これまでにお撮りになった作品を拝見すると
“アマチュアのカメラマンです”と紹介したい腕前。
『このスナップのわたしも、自然な感じでしょう?』・・・ホクホクと、自慢している。
この春インターネットのブログを始める時、迷わず自己紹介欄に載せた。
またダンスボランティア【夢のダンス】の活動資料など
プライベートの活動の場で、愛用させていただいてもいる。

☆右側のスナップは、つい先日出席したダンスパーティのもので、戴いたばかり。
「ハイ・チーズ」の号令で撮る記念写真の前の、気取らない笑顔が嬉しかった。
この日は、何組かの方たちと、記念写真を撮ったが
どの組も、撮る前に決まって『はい・チーズ! 』と号令をかけた。
何故どの人も『ハイ・チーズ!!』と言うのでしょうか?
あれって、笑顔にするために、効き目があるのかなあ?

    疑問を抱えたままの  LEIKO

<< 次のページ  エッセイ目次 前のページ >>

Copyright © 2004-2013 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura. All rights reserved.