≪2007年05月 | メイン | 2007年07月 ≫

2007年06月30日

ちょっとした旅(?!)

あじさい色って (気分ナンですが) 読みにくいかしらネ? あはは。
巡業中のわたしですが、金沢での休日を利用してちょっとした旅にでた。 運動の目的もあるので、休日の散歩は欠かせないのですが、今日の行動は、散歩の域を超えたものとなりました。
つい何日か前の日記には、サービスエリアのアジサイを飾りましたが、水俣の額アジサイも見事だったの!(帰京後に マイフェア・こぼれ話 に掲載します) そのイメージがあったので
今朝の北国新聞記事の A4サイズの美しいカラー写真を見たとたんに、またアジサイに囲まれたくなって、【アジサイ寺】に、出かけることにした。 あはは。単純!
簡単に行けると思ったけれど、金沢市薬師町は、JRで二つ目の駅・森本で、駅から3キロ位の所だったの。 その上<本興寺>というお寺の名は 地元の人も知らないほど、こじんまりしたお寺で、探すのに一苦労!ふふ。
でもやっとたどり着くと、アジサイはやはり美しくて、デジカメでパチパチ!
ゆっくり見ようとタクシーは返してしまったわたしを、ホテルまで送ってくださる優しい家族連れと出合えたの!! その幸運のお陰で、18時には閉園する兼六園の見学も出来ました!
(兼六園の入園料は、旅人は300円ですが石川県人は無料なんですってね。 わたしはこういうの、好きだな~)
兼六園は何回か訪れているのですが、毎回違った顔。 
今日は【 目・鼻・肌 】で、緑の木々の放つ好い匂いを浴びて、、堪能しましたから、明日も元気いっぱいに! ふふ。 

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月29日

カウントダウン

マイフェアレディに参加して100回目の舞台が、無事に済みましたと報告をしましたが、その言葉の裏には、【 このカンパニーとのお別れの日が近いんだ。ガンバ!】でした。
口に出したくは無いのですが・・・・・そう、7月7日の千秋楽までに あと5ステージしか残っていないのです。
作品との・ヒギンス夫人役との・皆との・お別れの日が、迫っているンです。 ふう。

残りの5ステージ、これまでと同じように大事に、悔いの無いように大切にしたいと、思う。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月27日

参加100回の記念

左から治田さん・羽場さん・浦井さん・石井さん・わたし・藤木さん。
マイフェアレデイ公演の、昨日の松本文化会館ホールでの昼の部は、わたし達↓の6名が参加してから100回目の舞台だったので、みんなで並んで記念の写真。
20070626ー健治100回.jpg 
『終演後に、衣装もかつらもつけたままで集まろうヨ!』と、カズさんから号令がかかったので、わたし嬉しくなって、↑のカンバンを用意したの! あはは。 フェミニストの藤木さんがちゃんと、手をそえてくれてるでしょ。 ふふ。
いつもなら、楽屋撤収のクソ忙しい時間なのに、済ました顔でパチリ。
イライザの台詞じゃないけど わたし 『 シ・ア・ワ・セ!』

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月25日

信州朝日村

夕方、松本に入って夕食は、上条恒彦さんのご推奨のお蕎麦屋さん。
松本駅近くのホテルから 朝日村の そば処 もえぎ野 (Tel 0263-99-3004) までは30分位。 四方を山に囲まれたのどかな風景を、皆で楽しみながら行きました。
まず、驚いたのは、テーブルの中央に 採れたてのレタス・トマト・セロリ・アスパラガスが、どかんと山盛り!
芯をくりぬいただけのレタスや、丸ごとのトマトにとびついて、むしゃむしゃ パクパク! 何と・このわたしが・・・・・嬉しくて(お酒)飲むのも忘れて、パクパク! あんまり野菜が美味しかったので、ついつい食べ過ぎてしまいました。あはは。
勿論お蕎麦も、山女の塩焼きや山ウドのゴマ味噌和えとかのお料理も美味しかったのよ~。
山や森が、手を伸ばせば届きそうな朝日村なので、空気も美味しくて皆が皆上機嫌になりました。

野菜とお蕎麦だけでなく、空気の美味しさも栄養にしたので、明日も頑張れるわ。 あはは。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月24日

旅は続く

ありがと。皆さんの念力のお陰ネ。ふふ。元気に旅を続けています。
PICT2931.JPGドライブインで休憩。
人からはモチロンですが、紫陽花からも気を貰って、車酔いから立ち直りました。
でもね、今回の巡業ではバスの最前列の席をもらっているから、殆ど酔わずに済んでま~す。

PICT2932.JPG移動のバスの前で。
仲間からも↑エールを贈ってもらって。ふふ。 明日は松本に移動。 あとひと頑張りしてきま~す。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月22日

続・浦井健治さん。

PICT2900.JPG
浦井健治さんは、マイフェアで、伸びやかな美声で観客のこころをわし掴みにしてますが、昨日の日記のシャープな写真の撮影者でもあり、又、こんなお茶目な素顔の持ち主でもありま~す。 彼の思いは分りませんが、わたしは若い友人だと思ってるんです。 
最近のわたしは、下手なのにデジカメ持ってパチパチ撮ってますが、ブレが多くて使えない写真が多いので、撮影よりもこんなふうに 『健治クンとの写真を写して!』と、頼む方が無難なのかもね!
でも、これ、好い写真でしょ。 えへへっ。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月21日

撮影は健治くん。

北九州空港のスターフライヤーのラウンジの内装は、白と黒。
マイフェアの、アスコット競馬場も白と黒が基調の晴れやかな場面には慣れているはずなのに、超近代的な白黒のラウンジでのわたしは、安定感ゼロでした。 あはは。・・・・・そんな雰囲気を浦井健治クンが、見事に一枚に収めてくれたのがこの一枚。 ふふ。 
今夜は自宅で安眠で~す。 バンザイ!!

小倉.jpg

この日記にコメントを書く

toptop

ハメを外して・・・・

今夜はではなくて・・・・・もしかしたら、時々飲み過ごすことがあるのですが、気がついたらこの時間!
飲み過ごした、とは思わないけれど・・・・・・ふふ。飲みすぎかなあ?あはは。

でも、明日は一時帰宅!
だから、安心してちょっといっぱい。。。。ふふ。 かなりいっぱい飲みました。
おやすみ~。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月19日

22日にオンエア。見てね。

6月22日フジテレビ金曜プレステージ21時~23時
監督・吉川一義 脚本・小木曽豊斗
(⌒ー⌒) 『潮風の診療所』~岬のドクター奮戦記~(⌒ー⌒)
主演は水谷豊さんと、高橋由美子さん。
PICT1953.JPG
PICT1943.JPG
PICT1954.JPG
PICT1955.JPG
 作品にはないシーン。ふふ。
☆スチールの山崎永寿さん撮影による <取って置きのスナップ> あはは。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月17日

眼下に街の灯が瞬く

旅は、順調に進み、今日は大分です。
抱えていた「ダンスビュウ」の原稿は昨日、地元の新聞への文章を今日、なんとか仕上げて送れたので、ほっと一息。
視力を酷使したあとは、街の灯がいつも以上に、キラキラとまたたく。 ひとつひとつの灯りが、点でなくて、☆のかたちにキラキラと・美しいし、明日は夜の部、一ステージだけ!
増えてゆくキラキラを、もっと、見ていたいたい気分。
けれど・・・・近くに700円で入れる【温泉】があるらしいので、これからそこにゆき、肩こり解消・視力回復を・・・。 
そして、明日も元気に!! ふふ。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月15日

仕事に懸ける

プロデューサーの宮崎さんは、マイフェアを担当されて、30年になったとのコト。
昨日、真央さん主催の会食のお席で、<宮崎さん担当公演・950ステージの>をお祝いもあったの。
『次は、今後の演劇人生の全てを懸けて、1000回を目指します』とのおハナシに、目がうるみました。そして『出来るだけ早く次回を企画してください!』と、お頼みしました。
宮崎さんと同い年なのですが、あまり先になると、わたしに声を掛けてもらえなくなるといけないのでネ。
 『わたしが元気なうちに!早く再演してくださいね!』の気持ちで・・・。あはは。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月11日

水俣・再訪。

昨日の朝 【松山空港】から福岡に飛んだ後、ひとり別行動をしました。
身体的には、無理をしたくないハードな巡業の最中ではあるが、寄り道をしたの。
福岡空港まで出迎えに出てくださった熊本の友人・松山夫妻の車で水俣入り。
・・・・・宿は水俣の 【松山邸】。 アハハ。

昨年11月町おこしのための映画【恋路物語】に参加した。 
短編とはいえ、総額500万円で映画を創ろうとする人がいて、参加した人がいて、手弁当で応援する人たちと出逢った。 その時に
出逢った、気の好いひと達と会うための途中下車をした訳なの。ふふ。

試写会はこの巡業に入ってからだったので、まだ見ていない。 (作品は想像より長いようなので、少し心配。 )でも 『 わたし達と町の人たちが、チカラを合わせて作ったこの作品が、多くの人に観てもらえるように、もうひとがんばりしてくださいね!』と、水俣の気の好い人たちに言いたかった。
でも水俣では、市長さんを含む20余名の 気の好い人たちが集い、宴席を設けて、わたしの水俣再訪を大歓迎してくださったの~っ! (前記の予算でお分かりのように、公費の宴会デハ、ありませんよっ!) だから余計に感激!

<辛い体験を潜り抜けた水俣の、現在の元気な姿・様子を、発信したいと考えている人たち>を励ます予定だったのに、わたしの方が励まされる【 寄り道 】になっちゃった。 あはは。

☆お暇なら見てよねのコーナーに昨年11月の旅の絵日記があるの。
その一部に↑の恋路物語』のハナシがあります。オモシロ写真もあるので、ご笑覧を! ふふ。 是非ゼヒッ!

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月09日

道後温泉

あらら?! 昨日の日記が、まだここにある!・・・・・という 相変わらずの今日がはじまりま~す。あはは。

松山随一のホテルに泊まっていますが、温泉に浸りたくて市電に乗って、道後温泉に。
市電・・・・片道150円=ウレシイ!(最近、市電のある街にゆくチャンスが多いのも、嬉しい!)
温泉の前には、夏目漱石と、正岡子規が半年一緒に暮らしたという【愚陀佛庵】を見学。

坊ちゃんも入った道後温泉ではなく、他のホテル内の温泉に(1500円)はいりました。
ラッキーだったのは、夕食時間だったのか、!9時から20時半まで、大浴場はわたしひとりだけ!
命の洗濯、って感じ!  ふふ。  そんな訳で~今日も、ガ・ン・バ・ル・わっ!

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月06日

教えたくない店

(あまり流行ってしまうと、ダメになってしまうかも・・・)の気持ちから、他人には教えたくない店の名って、あるでしょ?
夕べ、高知の旧友たちに誘われて行った、追手筋一丁目にあるお店が、そうだったの。
美しい おんな主の、原 愛弓さんの名刺には ↓この言葉があった。 畑や海からの  あったかいごほうびを  大切に、  心をこめて  手作りしています
屋号は 旬菜と肴 『 な と な 』 

塩味でいただく、カツオのたたき。・・・・この食べ方は初体験! ニンニクや薬味はあるけど、ポン酢じゃないのよ~!
魚の新鮮さ以外の味を、つけるのを遠慮しているような、薄味のゴマさば。
鯵も、同じように魚そのものを活かしてるの!
ご飯を小さく握っただけのおむすびと、きゅーりのお新香。
・・・・・付き出しと同時に出された時はビックリしたけど、これがまた美味しいの!ふふ。

40年も昔からの友・30年位前からの友・20年位の付き合い・つい最近の友もいるけれど、わたしの演劇活動を通した友人たちばかり。
でも、いまではわたし抜きで皆が仲良しになって、わたしをサカナに飲むコトもあるらしい。
・・・・このコトが、何にも増して嬉しい事でした! ふふ。 
だから、夕べはお酒を【ゴクゴクと飲み】気持ちよく酔いました。 あはは。
今後のハードな日程に備えるためにも・・・『その分だけ、今日は控えめにしま~す。』 ふふ。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月04日

親子で渡った瀬戸大橋

070604_一孝さん。.jpg 今日は広島から高知に移動の日。
母の故郷・四国入りの日に、こんな【親子のスナップ】が飾れるなんて、うれしいなあ。 2時間前に、カズさんのケータイで撮ってもらった、ほかほかのスナップよ~。 こんな時には、ケータイは便利ねーって、思う。 あはは。
「マイ・フェア・レデイ」の息子役の石井一孝さん。 須原加奈子さんは、所属事務所が同じで、いつも娘のように仲良くしてもらってるンですよ。
このお母さんはサングラスして、何かエバってるね! 快晴だったの! アハハ。

瀬戸大橋から眺める瀬戸内の景色は、見ごたえ充分。 
また、香川から高知までの山道の緑には、皆が、歓声をあげていた。 確かに緑に覆われた山々は美しい。 
生前の母を、四国旅行に連れてくると、必ず 『やっぱり、四国の山は、カタチが好いわねえ~!』と、連発していたのを思い出した。だが・・・一生懸命に目をこらして見つめても、わたしには、【ちいさなお椀を伏せた】ような普通の山にしか見えない山波なの・・・。 ふふ。

愛媛県出身の母は、いま、宇和島の墓に 眠っています。
都内にお墓を持ったのに、晩年には 『やはり故郷のお母さんのそばに、埋めて欲しい』と言いだしたので、その希望に従ったの。 今年は七回忌。
芝居の好きな母でしたから、この巡業で四国入りしたのを・・・・きっと、喜んで・・・・・。
 『ふふ 明日も頑張るわ。』

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月03日

平岡祐太さんから

広島には何度も訪れていた。原爆ドームと、平和記念館には毎回寄らせてもらい平和を念じます。
今回、記念館には寄らずに、これまでパスしていた宮島に行ったのは、平岡祐太さんが、きっかけでした。
昨年の夏「カクレカラクリ」という2時間枠の、スペシャルドラマでご一緒したときに平岡祐太さんが「ゼヒ、一度は行ってくださいよ。好いところです。ボクの自慢です」と、熱をいれて話し、薦めてくれたからなの。
行ってみたら宮島は、やはり美しかった。 下手な腕前なのに、やたらにパチパチ写真も撮った。(アップは7月7日以後。 それも、あの美しさを伝えるモノではないんだろうなあ。) あはは。
世界遺産になるのを、すんなり納得。
・・・それにしてもその場所にいて、その景色を堪能しながらも 「満潮の時にまた来たいなあ~」とか、「紅葉の時期もステキだろうなあ~」とか思うのは自然の持つパワーの所為?・・・・不思議。

日光の東照宮といい、宮島といい、昔の権力者の持っていた【見当もつかないチカラの大きさ】も、思った。 正に『ふう!』だわねえ。 あはは。

 

この日記にコメントを書く

toptop

ピンキリ

夕べから広島市内は、浴衣を着たひと達で、あふれています。とうかさん祭り=稲荷さん(円隆寺)のお祭りです。
円隆寺の周囲は、屋台がいっぱい出ていると聞いて、今夜の舞台がハネた後、飛ぶようにして行ってみた。だが、10時でオワリでした!・・・・・売れ残りの(?)イカの丸焼きを買って、ホテルでもしもしと、食べてる。

昨日は日記にも  『このわたしがお正客で、その昔、歌劇団をかけていたほどの立派な料亭で、食事をするなんて! うふふ。 しあわせ。』  って書いたけれど、、友人からのお招きで<羽田別荘>という老舗の料亭での夕食だったの。【今後わたしは飲むコトは無いかも・・・】って感じの極美味のお酒、ゴクウマの日本酒だったの! ふふ。

ピンキリって、言葉があるけど、正に昨日と今日のわたしの夕食・この差のコトだわ!って思ったわ。ふふ。

この日記にコメントを書く

toptop

2007年06月02日

デジタル表示

まだ明けきらない朝方、寝ぼけマナコで目覚まし時計を見た。巡業中のわたしには、日付けとか開演時間・集合時間は重要なのに、デジタル画面の 【6月1日】 に、ギョっとした。
カレンダーが一枚めくれて、もう6月なのね~。 目覚まし時計の正確な表示に、感動もして「アンタは偉い!」とつぶやいて、もう一眠りした。あはは。

ゆっくり寝坊もしてから、市内電車を乗り継ぎ、フェリーに乗って、安芸の宮島見物。須原加奈子さんと出かけたが、他のメンバーもそれぞれ休日の遠足で、来ていた。ふふ。

友人からのお招きをうけて、広島随一の料亭で夕食をいただいた。
このわたしがお正客で、その昔、歌劇団をかけていたほどの立派な料亭で、食事をするなんて! うふふ。 しあわせ。

さあて、6月の仕事開始!今日は広島公演二ステージ! 明日も二ステージ! ガンバ!だわ。

この日記にコメントを書く

toptop

Copyright ©2005-2017 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura