≪見るに忍びない顔 | メイン | 放送開始! ≫

はっ、歯が・・

ドラマで、大正琴を孫に教えるシーンがあった。習いたての大正琴の音が耳のそばで響き渡る中で、半日過ごした。
50センチの至近距離で子役さんの弾く大正琴の音を聞きながら、向こうの部屋の息子たちと会話をしていたら、アタマが壊れそうになった。ふふ。
耳鳴りはするし、歯も浮いてくる。終いには、覚えたせりふを言うのがやっと、って情けなさ!あはは。
その所為かどうかは不明ですが・・・・怖~い夢をみて、ひいひいと泣いた。自分の泣き声にビックリして、目が覚めた位、大きい声で泣いたの。あはは。
夢の中で、奥歯をギリギリと、かみ締めたからかしらん?朝食を食べていたら、奥歯に被せていた金属がポロリと、とれちゃた。
モチロン即刻、歯医者さんに駆け込み、復活しました!ふふ。
俳優ってケッコー重労働なンですのよ~。あはは。

コメントコメントを書く

お久しぶりです。
分かります。Leikoちゃんはもともと「不快な音」に弱いですものね。
私もそう。レッスンの仕事だと、雑音相当でも、これは長年の習慣で耐えられるのですが、演奏の仕事の合わせ稽古で相手の練習不足による雑音?にはイラッっとします(笑)。
「もう少し練習してから合わせ稽古しましょうか」と言いたいこともたびたび。でも、合わせ回数も仕事のうちと割り切らないと・・・・・。
つらいですよね。

同じ種類の音を聞き続けるのは辛いです
どっかの国が犯罪人に拷問に使ったとか
確かに役者は耐えないといけない事が多過ぎますね
息子(柳生玄十郎)は役者から漫才に変わって楽してるんじゃないかと心配してます

コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/855

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2018 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura