≪プラス言葉 | メイン | 渡瀬恒彦さんと。 ≫

ありがとう

・・・・・今日はリアルタイムでは見られない、と諦めていた。昼は芝居を見て、夕方からはダンス。
帰宅すると『丁度、ドラマの大詰めだよ。』・・・・ちゃんと、観てくれてる家族がいてくれる幸せを思う。
直接言わないけれど、ありがとう。

コメントコメントを書く

おはようございます

観ましたよぉ( ^)o(^ )昨夜の土曜ワイド劇場。
「救命士・牧田さおり」内容の濃いドラマにとても満足しました。

老人介護、親子愛、家族愛、ジ~ンときましたねぇ。
Leikoさんの役はこのドラマを引き立たせていました。
いえ、Leikoさんだからこそだと思いました。


>さといもさん、こんにちは~。

早速に感想を、ありがとう。
「いえ、Leikoさんだからこそだと・・」と言っていただいて嬉しかったです。

痴呆症の人と毎日向き合っている、介護スタッフの大変さを知っているので、<嘘と思われないように演じ>て、介護の仕事をしている人にエールを贈りたい!・・・・な~んて思っているの。


「救命士・牧田さおり」拝見しました。
もう、Leikoさんのことが気になって、映るたびに釘付けになってました。

認知症の役で、せりふもそうはない、難しい役柄を演じてられるのを拝見して、さすがだな!って思いました。

>おしげさん、こんばんは!

コメントを、ありがとう。
認知症の役は、控えめでも演じ過ぎても駄目だと思っています。
ボランティアの折に観察した事=計算外っていうか、普通じゃ考えられない行動やしぐさを、役に反映させたいと思っても、嘘臭くなりそうで怖いんです。

普通の役なら監督に指示を仰ぐのですが、=そういう計算が出来れば、ボケじゃないですものね。


初めまして。私は二時間ドラマが大好きな34歳です。
「救命士・牧田さおり」を拝見し、認知症の役を演じられた女優さんはどんな方だろうとネットで調べていたら偶然このHPにたどり着きました。
これほどまでに感動し、印象に残る演技をされた女優さんにはなかなか巡り会えません。
というのも、私の母は脳梗塞で倒れ、認知症の初期を患っています。その母の姿が草村さんの演技に重なって見えて、涙がとまりませんでした。いつか私や家族のことも忘れてしまうのかもしれません。本当にすばらしいドラマでした。
母とは遠く離れて住んでいるのでなかなか会えませんが、草村さんの演技を通じて母と出会えたそんな気持ちになりました。
これからもお体に気をつけて、お仕事がんばってください。応援しています。

あの日は 家に居て ちゃんと 見ていました。

この番組 結構・好きで見ています。

浅野温子さん・中村俊介さん・いいですね~。

あの番組で 痴呆のお母さん役!。

当然・番組が ぐっと 引き締まりました。

今は亡き 母も最期は痴呆症に・・・・。

その姿と重なり 臨場感に浸って 居ました。

大きな存在感ある役と 礼子さんの演技でした。

素敵な時間を ありがとうございました。

>初めまして!エルモ さん。

 ようこそ、探し当ててくださいましたね。
わたしの母は亡くなって大分過ぎましたが、晩年に脳梗塞で、第1級の障害を得たので貴女のお気持ちは推測できます。

ひとつ助言ができるとしたら・・・・、
「うん」「そうね」と肯定の返事につながる質問をしてあげると、会話がスムースに進むし、弾みます。

病を得た後は口が重くなるの。(本人も上手く返事が出来ないのが分かっているのに!)素早い返事も苦手になる。
『コレ分かる?』と聞かれるのが、一番辛い、ってコトかな。
・・・・貴女の気持ちも判りますが、お母さまの辛さもわかるので書きました。

初めての訪問なのに敢えて・・・。
↑これを踏まえると、電話での会話がしやすくなると思って・・・。
貴女の元気な声を聞くだけでも嬉しいはず!
明るい声で、お母さまに電話をかけてネ!。

>早百合さん、こんばんは!

いつも見てくださって、コメントもありがとう。
今回はリアルタイムで見てくださったのね。
わたしは、又ドジをしたの。帰宅して・・・家族とシッポだけ見て、パソコン前に座った。メールのチェックして「さあ、見ましょ」と、思ったのですが、ドジをしたみたいで消えてた!

だから、事務所からコピーを貰わないと。。。。
トホホ・・・なの。困ったもんね!

コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/690

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2017 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura