≪余韻 | メイン | 重っ! ≫

泣かないように

お元気ですか?
今はまだ泣きそうになるので詳しく書くコトは出来ないのですが、実は5月13日に6歳年上の兄・善家春和が天国へ旅だちました。
・・・・・『こんな時には<仕事>があるから助かります。また<ボランティア訪問を待っていてくれる人がいてくれるから>救われています』とエッセイにも記しましたが、大丈夫。 ☆ 元気にしています ☆彡
(☆ 5月27日発売の『ダンスビュウ』。本屋さんでチェックしてくださいね。
  
お知らせページの更新作業も始めましたし、前向きに生きるため、泣くのをやめて精一杯に、身体を動かしています。
エッセイにも『ひたすらに歩いて』と書きましたが、明日からまた<歩き遍路>の旅に出かけます。
目一杯キツイ予定をたてました。
ひたすら歩いてきます。

コメントコメントを書く

それはそれは
ご愁傷さまでした
<歩き遍路>無理をして
身体を壊さないように
元気に行ってらっしゃい!!!

こんにちは。
ご無沙汰していました。

実は私の所も・・・母の兄弟が2人・・・
そして、私自身も友人を今年に入って失いました。

別れはやはり辛いですよね。

Leikoさん、今は辛いでしょうけど・・・頑張って下さいね。

お悔やみ申し上げます

泣きたい時は泣くだけ泣いたらいいと思います
流した涙に虹がかかり、きっと笑える未来が来ますよ

お遍路さん、応援してま~す

草村先生。

お兄様の ご逝去を
心からお悔やみ申し上げます。
兄弟を失う 悲しさ。
分かります。
35歳で弟が54歳で妹と
が彼岸に旅たちました。
私の兄は。ショツクで病気に
なりました。
辛いお気持。お遍路で
癒されます事。
節に願っています。
       合掌・幹

草村さん、御愁傷様でございます(-人-)
どうか ご自愛下さいませ。
また笑顔のお元気な記事、楽しみにしております(p_;)\(^^ )
お遍路 お気をつけて・・・(^▽^)/

このたびは ご愁傷さまでございます。
別れは人の心に 大きな穴が空きますね。
両親とはすでに別れましたが 85歳の兄が
義姉に先立れ 心配しています。

礼子さんには お仕事があり 気持ちが紛れる事も
おありでしょうが 芯の部分名は お疲れです。
どうか お身体を お大事になさって下さいね!。

■謹んで、お兄さんのご冥福をお祈りいたします。

人間、長く人生をおくっていますと、いろいろな”死”に直面しますね。両親との死別、叔父(伯父)、叔母(伯母)との死別、そして兄弟(兄妹)との別れ・・・。自然なこととはいえ”別れ、死”は辛いものです。

悲しいときは泣きましょう。故人を想いだして泣きましょう。それが供養になり、”千の風”のように天国で喜んでいると思います。

合掌

みなさま、あったかい言葉を、ありがとう。

訃報って、・・・・年齢的に当然なのかな~。
連鎖して、津波のようにおとずれるのね。参りました。それでしばし、言葉が探せなかったの。

でもね、いつまでもヘコんではいませんよ!
昨日あたりから、日記の更新も出来るように・・・・。

地元の管さんが総理大臣にもなったコトですし、新潟の友人からお見舞いにと<越の寒梅>も届いたし~~~ガンバ!
・・・何を?なの?かな?ふふ。

コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/766

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2018 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura