≪炊き出しの手伝い | メイン | はてな? ≫

陸前高田のM子さん

一見すると被害は無いようでも、市役所は仮設庁舎だし、道路にヒビも。
P1030986.JPG P1030980.JPG
右の写真は、今回の米子婆ちゃんの扮装。  さて、昨日の続き。 ほんの一瞬でも、罹災者のこころを慰めたいと、体験談の中でも笑えそうな話をと思って、「Shall we ダンス?」のたま子先生役は、オーデションを受けていただいたの。わたしのダンスが<昔風のダンス=男性のリードに素直についてゆく>だったのが幸いだったの。、品が好いダンスだ!って、周防監督が誤解して配役してくださったらしいの、トカ・・・わたしが9才の時に、母が住み込み看護婦を始めたので10年間も、主婦代理をさせられて辛かったけれど、辛さを識ったから、ちいさな幸せにも敏感になれた気がしますなどと、何気ない話ばかりでしたが、ひとつひとつの話に拍手の頂いて、帰り際に『ありがとう。』の声をかけられ、これからの朗読奉仕活動への道筋が見えた、と思ったの。
見送りの時<赤ちゃんを抱いたM子さん>のお母さんから『消防だったこの子の主人は、津波で亡くなったので、ず~っと、引きこもってたの。今日はムリヤリ連れてきました。』と聞いて、絶句してしまいました。
でも、M子さんから『今日は、思い切って参加して好かったです。』と言われ、泣いちゃった。嬉しくなって『がんばれ、とは言いたくないけれど、おかあさんなんだからガンバらなくっちゃね!』と言ってしまったンです。
バスが見えなくなった時からずっと、ガンバ以外の言葉を選べなかったコト・言葉の重さを考えている。
まだ1歳にならない赤ちゃんを育ててゆくM子さんに、元気になってもらいたい。
・・・・まだ言葉は見つからないけれど、葉書を書きたいと考えている。

コメントコメントを書く

そうですね・・・頑張って!って言葉じゃなく
何と言えば・・・何度も経験あります。

お母さんなんだから頑張らなきゃ!!M子さん凄く力になったと思います。

Leikoさんの誠実で優しいお気持ちは、M子さんに伝わっています、きっと。
赤ちゃんの存在が、M子さんを勇気づけてくれることと思います。

私も神戸での 震災の被災者ですが 頑張れ・・時には重たく聞こえても その言葉しか 見つからない人も 多いと思います。 
あんまり気にしないで 使っています。
本当に言葉から 頂く元気と勇気 嬉しいものですね!。

コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/816

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2018 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura