≪両手いっぱい | メイン | 陸前高田のM子さん ≫

炊き出しの手伝い

遠野でのロケから帰宅。作品についての報告は、解禁になってからにします。今日は、撮影の休みの日に参加した【炊き出しボランティア】の話を聞いてね。↓は♪清養園にて「ほっとひといき」♪レギュラーボランティアの笑顔。
CIMG5481.JPG
遠野市には、ごみ焼却所の熱を利用した入浴施設があります。山に囲まれた池の真ん中に浮かんでいる感じのお風呂なの。
一般利用の開始前に<被災された方々>をバスで送迎し、温泉気分を味わい昼食をとってもらうの・・・
この日は、陸前高田からお越しになった方20数名のお客さまでした。
<お昼ごはんを作るお手伝い>に、1日のみの参加を快く受け入れてくれて、ありがと。昼食後に「折角だから、何かお話を・・・」との声があったの。つい、乗っかっていくつかの話を、聞いてもらいました。
朗読奉仕用の詩や物語ではなかったのですが、
帰り際にみなさんから『お風呂だけでなく俳優さんんの話も聴けて、今日は、ラッキーだった!』と声をかけられて、ほっ。
被災地に直接訪問は出来ませんでしたが、今後の朗読奉仕活動につなげたいと思いました。
 
もうひとり『今日は、思い切って出かけてきて好かったです。』と、仰ったT子さんのコトは、明日改めて・・・・。

コメントコメントを書く

Leikoさん、お疲れさまでした
ほんと、その日いらした方々はもうけもんですね(笑)!!
Leikoさんがその場にいらっしゃるだけでも
周りの方々は癒されると思います。

ご苦労様でした

一時 テレビで芸能関係者の被災地での炊き出しが話題になって、思わず阪神大震災を思い出してました
私自身は次男の社宅にしばらく世話になって罹災2週間後にはそこから仕事に復帰してしてましたからそれなりに不自由もなく、兄弟からの差し入れや援助もしてもらったりで・・・

ごく最近、東北の被災地へ視察に行かれた方や、ボランティアで炊き出しに行かれた方の話を聞かされて、私たち阪神の数十倍も苦しんでおられる方々の如何に多いかを知り、胸を痛めております
阪神から17年目 被災地の方々もいつかは笑い話や思い出話に出て来る日が来る事を切に願うのみです

ボランティアにご参加いただき、そしてブログで取り上げていただき、本当にありがとうございました!

前コメントのみっちーさんのおっしゃる通りです!!

お越しいただいた方だけでなく、私たちもパワーをいただきました。

礼子さんの行動力とやさしさに感謝!

一日だけの…とおっしゃいますが、いえいえ、最初っから居らっしゃったようななじみ感!とお越しくださった皆さんにかけるお言葉!!

私も勉強になりました。

本当にありがとうございました!!!

礼子さん、ボランティアご一緒できてよかったです。
私も癒されました。

‘縁’ってすごいです。
人と接するということは難しくも素敵なつながりなんだなぁと実感しました。
貴重なオフの一日、ありがとうございました。


コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/815

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2018 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura