≪パーティの報告・その2 | メイン | 秋近し ≫

待ち時間の楽しみ

前にも書きましたが、『俳優の仕事は、如何に機嫌よく待てるかだよ。』は、初めての映画で(40年前に、五所監督から)教えられた言葉。
前日に行って、朝早く仕度をして呼び出しを待っていたが、天候も優れないのでお昼近い。・・・・スタッフに頼み車で15分位の電場まで連れて行ってもらいました。そこで見つけた風景がコレ↓。大の大人が何人も真剣にコレを見つめていたの。ふふ。
PICT4168.JPG
このクモ、大きいでしょ?一人だったら怖くて近寄れない位の大きさだった。
クモの糸に絡まっているのは、かなり大きなカミキリムシ。
これ、実は同じ現場で<待ち時間>を過していた男性たちの【遊び】だったの。(コドモではなく、全員がオトナなの。ふふ。)
カミキリを掴まえて、クモの巣に掛けて「さあ、逃げろ。さあ、掴まえろ。」と遊んでいたので、わたしも見学を・・・・。
皆で観察すること、70分位かな。彼はギリギリの時間にカミキリを救い出し、逃がそうとして糸を外していたら、あはは。思いっきりカミキリに噛み付かれちゃったのっ。あはは。
PICT4170.JPG こんな交流が、わたし流の待ち時間の過し方?
作品内容は説明できませんが、同じ画面に出る1歳の子役さんとの交流を。ふふ。

コメントコメントを書く

噛みつくとは、カミキリムシの逆襲ですね。
☆⌒(>。≪)痛そうです。

多くの俳優さん、スタッフと仕事をし作品を作り上げるということは、それだけ待ち時間も多いということなのかもしれませんね。
待ち時間の中の【遊び】が皆さんの一体感を深め、良い意味で緊張感もほぐしてくれる。
そう感じました。

待つ事も仕事のうちと言いますが
この空模様…しばらく続きそうな気配ですね。
大人の遊び…色々見つけてくださいなv(*'-^*)bぶいっ♪

待つ事も仕事のうちと言いますが
この空模様…しばらく続きそうな気配ですね。
大人の遊び…色々見つけてくださいなv(*'-^*)bぶいっ♪

待ち時間の過ごし方は上手下手が有るそうです
芸人さんの特技を披露したら素晴らしいものが出て来ます
集中力を切らさないようにするのも特技でしょうネエ
私達はそんな世界を知りませんから想像してみるだけです
大変なお仕事です

写真のカミキリムシは助かったのですね。
でもクモの立場になったら・・・食事がパーに・・・。
お忙しそうですね。お体お気をつけ下さい。

さりげない風景の中に実に残酷な世界があるんですね。

 現実ってこんなものなんだと思いつつも人間が引き起こす戦争になすすべもない空しさ。

 神とか仏が蜘蛛の巣の中へある国とある国を放り込んで戦っている姿を楽しんでいる。人間ってそんな本性を持っているんですかね。

俳優さんの仕事も大変ですね
イソもエキストラで呼び出されることがありますが
飲まず食わず出せず!の7時間はきつかった思い出があります。

ジョロ蜘蛛
ワー 懐かしい 
この蜘蛛を家のベランダに蜘蛛巣を張らせて
蜻蛉やバッタを捕まえてせっせと与えて太らせ
蜘蛛の戦争ごっこをしました
*50cm位の棒の両端から蜘蛛を対じさせ
 逃げたり蜘蛛の糸に巻かれたら負け

こんなことをして遊び
大分の片田舎で育ったイソです。

>みなさん、こんにちは。
待つのが仕事でもあるのですが『何時でも出走出来るように=パドックの馬状態で、テンションを下げずに=長時間待機するのって、かなりの気力と体力を必要とするものなの。』

普段なら、視線を外してしまうクモの写真を撮った自分にも、驚いて居ます。・・・・理由は↑だからなのかな?ふふ。

それにしても<噛みつくとは、カミキリムシの逆襲で>かなりキツク噛まれた様子。 とっても痛そうでしたが可笑しくて皆で、笑いました。
「助けてやったのに~!」と言っても、その前は彼を中心にして、皆でイジメテいたんですもんネエ。

千葉では実際に大きな蜘蛛が登場するんですよ!

結婚してしばらくした時、家の中に黒い手のひらサイズの蜘蛛が出現して取り逃がして、一晩一緒に家の中で過ごしたのです!

私は泣き叫んで「もう東京に帰りたい!!!」って言ったことを今でも覚えています(笑)

待ち時間、長いのって、いろんな遊びを思いついてしまったりしますよね!
天気待ちの時、私は外だったらケンパってやってたの思い出します!

コメントを投稿


注)プログラムの性質上、半角の『<』、『>』で囲むと、その間の文字が文字として認識されない可能性があります。ご面倒でも全角の『<』、『>』をお使いくださるか、他の括弧記号をお使いください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www12.big.or.jp/~kusamura/mt/mt-tb.cgi/636

各月の日記

携帯用サイト

QRコード

このブログのフィードを取得
[フィードとは]   Atom
RSS2.0
Powered byMovable Type 3.33-ja
Powered by kinarie.&May
Powered by MT4i
Copyright ©2005-2017 Hero&Lei企画 Reiko Kusamura